つるやよしのぶかゆうちゃや
鶴屋吉信 菓遊茶屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

つややかに光る選び抜かれた小豆をしっとりとしたあんに仕上げ、あでやかな衣をまとう生菓子。鶴屋吉信2階「菓遊茶屋」では、伝統に裏打ちされた職人技を 目の前でご覧いただけます。生菓子にその季節の花を咲かし、風物を映す熟練の技に魅了されいっそう深まる雅な味。それは、訪れた人だけが感じることのでき る贅沢な味わいです。繊細で奥ゆかしい魅力あふれた数々の品に、老舗に伝わる手づくりの技の確かさが見えてきます。

■この動画を見た方はこちらの動画も見られています

クローズアップ

『生菓子と抹茶』の生菓子は、きんとん・こなしの二種類から選べます。どちらも小豆の味が生きた上品な甘さ。隣にはお休み処も併設。ゆったりくつろげる午前中がおすすめです。

営業時間菓遊茶屋・お休み処 平日9:30〜L.O.17:30
定休日菓遊茶屋・お休み処 水曜日(祝日の場合は営業) 販売 1/1
アクセス市バス「堀川今出川」バス停下車すぐ
駐車場15台
席数菓遊茶屋--カウンター7席、お休み処--40席
お店の雰囲気京情緒の店(京町家風の数寄屋建築)
禁煙・喫煙禁煙
カード
設備お休み処には庭が併設。天気のよい日には仕切が開放され、身近に庭を観賞できます。
設立(創業年)享和三(1803)年
メニュー◆粟ぜんざい(秋頃〜5月末頃まで) とろっと温かいこしあんに蒸した粟の風味が生きています。
◆くずきり(黒蜜)や氷室ぜんざいとよばれる 冷たいぜんざいなど。
代表銘菓『京観世』は観世水の伝説に由来した、丹波大納言製の棹ものとよばれるお菓子。
『柚餅』は、青芽柚子の香り高い求肥(ぎゅうひ)。
鶴游会(かくゆうかい)季節の創作菓子を楽しむ茶会を年4回開催。 詳細は店舗でお問い合わせください。
所在地京都市上京区今出川通堀川西入ル
TEL075-441-0105
FAX075-431-1234
最寄りの
観光地
西陣、清明神社、妙蓮寺、京都御苑
ジャンル:
//
エリア:
西陣

コメント / トラックバック1件

  1. 右京っ子 より:

    目の前で職人さんの技を見ることができるので感動します!季節の花々をかたどった生菓子で、四季の移ろいを感じるのも一興ですよ。

コメントをどうぞ