きょうかんみぶんのすけちゃやほんてん
京甘味 文の助茶屋 本店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

甘酒やわらびもちなどの甘味を、昔ながらの製法でつくり続けている「文の助茶屋」。落語家の二代目桂文之助が甘酒屋をはじめたのがきっかけで、明治43年の創業です。わらびもちと抹茶がセットになった『お抹茶』や、甘酒がセットになった『京好み』が人気。どちらも香ばしいきなこがまぶされた甘くやわらかなわらびもちがついています。晴れた日には店先で庭を眺めていただくのも心地よくおすすめです。

■この動画を見た方はこちらの動画も見られています

クローズアップ

『あまざけ』は砂糖を使用せず米を自然に糖化させたもの。アルコールを含んでいないので素朴な甘さが広がる一品。添えられた少量のしょうがを合わせると風味が増します。夏には『冷しあまざけ』も。

営業時間10:00~17:30
定休日水曜日 (祝日・正月は営業)
アクセス市バス「清水道」バス停から徒歩5分
駐車場なし
席数店内テーブル席・座敷、庭の床几
お店の雰囲気京情緒の店
テイクアウトわらびもち
抹茶わらびもち など
系列店清水店、名古屋高島屋店、大丸京都売店、京都高島屋売店、JR京都伊勢丹売店
所在地京都市東山区下河原通東入ル八坂上町373
TEL075-561-1972
webサイトhttp://www.bunnosuke.jp/
最寄りの
観光地
高台寺、八坂神社、建仁寺、円山公園、知恩院
ジャンル:
/
エリア:
清水

コメントをどうぞ