きょうのこたび きたしらかわへん
京のこたび 北白川編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

白川今出川交差点より北側周辺地域を「北白川」と呼びます。古くは京都と滋賀を結ぶ街道集落として栄えたほか、水車による産業や白川石・白川砂、花の栽培地として知られていました。大正時代から昭和にかけては、文化人や学者が多く暮らす閑静な住宅街として発展。この住宅街を流れる疏水分線沿いが地元の人に親しまれる散策路となっています。今回はこの北白川を中心に、桜の名所やグルメスポットへご案内しましょう。

■この動画を見た方はこちらの動画も見られています

クローズアップ

最寄りの
観光地
哲学の道、銀閣寺、白沙村荘、詩仙堂
ジャンル:
/
エリア:
_京のこたび最新号

コメントをどうぞ